[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦 香川大会『FORCE 08』
[主 催]TORAO NATION STATE
[認 定]インターナショナル修斗コミッション
[会 場]香川県高松市/高松シンボルタワー 展示場
[開催日]2017年12月3日(日)
[特別後援]香川県レスリング協会

【出場予定選手】
直撃我聞(HOPE)/藤川 智史(和憬蛍雪会)/ 椙田将弘(セコンドアウト)/安芸柊斗(MMA Zジム)/ 石原慎之介(MMA Zジム)/ 高岡宏気(トイカツ道場香川支部)/堀川”55”滉介(TEAM一領具足)

直撃我聞は、2014年7月に環太平洋フェザー級(現バンタム級)次期挑戦者決定戦を石橋佳大(Duroジム)と対戦して以来、約3年ぶりの試合となる。
2015年4月に地元、愛媛県宇和島市に自身が主催する格闘技フィットネスジム『HOPE』を立ち上げ、アマチュア修斗や柔術の大会に挑戦する会員も出てきた事で自身もプロのリングに復帰を決意。
まだ対戦相手は未定だが、これをきっかけにプロ修斗バンタム級を更に盛り上げる存在となってほしいところである。

現在のところ今大会でのデビュー組が2名。徳島のMMA Zジムの高校生コンビ石原慎之介と安芸修斗。
石原は、昨年のアマチュア修斗全日本選手権フライ級(現ストロー級)で3位に入賞しプロ昇格。1年間のトレーニングを積み今回が満を持してのデビューとなる。
安芸は、今年のアマチュア修斗地区選手権を4地区(東海、関西、中国、九州)、2階級(ストロー級、フライ級)を優勝した話題のスーパー高校生。
9月23日の全日本選手権を待たずしてプロ昇格を認められるも全日本選手権にエントリー。
アマチュア修斗全日本選手権も圧倒的な強さで優勝し、プロデビュー戦を迎える事が出来るか?
両名とも対戦相手は未定だが、若手のアグレッシブなファイトは観客を魅了する事間違いなし。

その他、中四国勢を中心に対戦カードが組まれる予定。